« 2007年02月 | メイン | 2007年07月 »

2007年05月14日

カラー

やっと、天候が回復して花も咲き始めてきた。 家の狭いスペースに置いてある植木鉢のカラーも満開に咲き誇っている。しかし、微妙に変である。昨年は紫陽花と一緒に咲いていたのに、一月早い、やはり天候不順なのであろうか?
DSCF0005.jpg

2007年05月13日

ロケット

4月28日 秋葉原からつくばエクスプレスに45分ゆられ、つくば駅へと向かった。
大学の先輩方と我が息子と娘を連れて。行き先はJAXAの筑波宇宙センターと、産業技術総合研究所である。 まずは、独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)筑波宇宙センターへ向かった。そこに待っていたものは、わが国が誇るH−Uロケットであった。(写真参照)  事前に予約をしていたので、案内係のおねさんが施設内を案内してくれた。
日本の開発したロケット、人工衛星、場所を移動して宇宙ステーション試験棟(事前予約しないと見学できない)を見学した。 案内係のおねさんは、我々の意地悪な質問にも笑顔で説明してくれた。 娘の質問は、「来年2月にスペースシャトルで打ち上げられる宇宙ステーション「きぼう」の接合部分はなぜミッキーマウスの形をしているのか?」(写真参照)であった。 私の質問は、ロケットの長さの単位はmかichか? さすがにこんな質問をされた事がないおねえさんは答えられず、男性職員に聞いて初めて知ったと驚いていた。 答えは、日本最初から今まですべてinchだそうです。 ちなみに、アメリカ合衆国もSI(国際単位系)に初めから参加はしてるが、いまだに慣習的にヤード・ポンド法が使用され法的に禁止されていない唯一の国であると聞いた。 アメリカが最初に始めた強い分野に関しては、いまだにヤード・ポンド法である。 宇宙航空分野、ディスプレー、PC用ディスク、LSIの端子間、印刷密度(ドットピッチ)、ゴルフ、アメリカンフットボール。
横田基地の方でコイン・メダルの製作を依頼する場合、メートル法でお願いします。
  1yd=0.9144m(定義)
 1/3yd=1ft=30.48cm
1/12ft=1inch=2.54cm
PICT0028.JPG PICT0110.JPG