« 2008年09月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月26日

スーベニアメダルの次の流行(はやり)

 先日、ディズニーランドへ行き、25周年のスーベニアメダルをゲットしてき来ましたが、スーベニアメダルの次に来る流行を見つけました。それは、ワールドバザールにあるディズニーギャラリー内のディズニードローイングクラスです。そこでは、ミッキーマウスの絵の描き方を教えてくれます。絵は好きでもミッキーマウスを描くのは意外と難しく、小学5年の娘が参加しましたが、意外とさまになっていました。特にアドバンスコースを選択するとアドバンスコース専用のスペシャルフレームとオリジナルケースが貰えます。毎回参加すれば子供の成長記録(絵が段々上手くなる?)として最適ではないかと思います。 当社はミッキーマウスの型を彫刻するときは、特に目に神経を使います。皆さんもドローイングクラスに参加して、腕を上げてはいかがですか?
%83X%81%5B%83x%83j%83A%83%81%83_%83%8B03.jpg
オリジナルケース 
PICT0001.jpg

2008年10月18日

ノーベル物理学賞とメダル

 10月7日に3人のノーベル物理学賞の受賞のニュースを聞いて驚きましたが、一度に三人も受賞することにも驚かされました。特に南部さんの1961年の「対称性の自発的な破れ」は発表から半世紀も経ってからの受賞です。それだけ先進性の理論だったからでしょう。 ノーベル賞にメダルの授与がありますが、オリンピックのメダルとは違い確実に努力だけでは取れるもではないことです。もちろんオリンピックの選手も努力だけではないのですが、そのメダルは希少性から云えば世界ーかもしれません。メダルに込められた人類の英知にふれてはいかがですか?ちなみにメダルの大きさは直径66mm・重さ200gだそうです。
 2008年11月29日(土)に稲見武夫先生(元京都大学教授 現中央大学理工学部物理学科教授)の講演に行きます。演題は「ノーベル物理学賞を受賞された南部先生、小林・益川先生の仕事を巡って −素粒子と宇宙の対称性の破れ−」です。大変楽しみにしています。
%83m%81%5B%83x%83%8B%8F%DC%83%81%83_%83%8B2.jpg