« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

2009年05月22日

新型インフルエンザ用マスクの買い方

 ここ一週間の話題の一番は新型インフルエンザであろう。皆さんは、新型インフルエンザ対策として、手洗い・うがい・マスクをしていますか?通勤されている方でマスクをしている人が増えていますね。 しかし、マスクが売り切れて買えない人の事をTVNewsで見ました。そこでこのHPを読んでいる方に新型インフルエンザ対策用マスクの買い方をコッソリお教えしましょう。薬屋さんではなく工業材料や工具を売っているお店にはまだたくさんあります。なおかつ、高性能なマスクも少なくありません。今すぐ、工具屋さんへ走り出しましょう。このインフルエンザ(流行性感冒)という病名は、「影響」を意味するイタリア語influenza(英influence)から名付けられました。なお、日本語のインフルエンザは英語読みで、イタリア語ではインフルエンツァです。このHPの影響が出る前に新型インフルエンザ対策用マスクを買いに行きましょう。必ずインプルエンザ用と言ってください。 ちなみに、消毒用のアルコールも売り切れていますが、ポンプに追加するアルコールはまだあるそうです。

2009年05月17日

石垣島にて(食事編)03

 次は石垣島の食事編です。 まずは、辺銀(ペンギン)食堂です。少し並びましたが五色の水餃子がモチモチしていて美味しかったです。ちなみにここの醤油注しはペンギンの形をしていて東急ハンズで買えるそうです。また、ここのラー油も人気で一人一本しか買えません。  次は離島ツアーで行った竹富島で、牛車に乗って観光している時おじさんが急にここのサーターアンダギーは美味しいよと言ったので、おじさんの横に座っていた私は前から降りて買いに行きました。水牛さんには待っててもらい、買いに行きました。帰りのバスで食べたらお土産さんで打っているのとは違ってとても美味しく、サーターアンダギーが好きになりました。  次に離島ツアーの帰りに港から歩いて5分のところにある「サンシン」という洒落た飲み屋さんです。チャンプルーやグルクンなどの沖縄料理やそれ以外の料理もとても美味しいかったです。ここもかびら観光タクシーの運転手さんに聞きました。三日間で三人の運転手さんにお世話になりましたが、それぞれ千葉・横浜・北海道出身ですので美味しいところは心得ています。たまたま石垣島出身以外の人に当たったため味覚は私に合ったのでしょう。

石垣島にて(やわらかい黒糖編)02

GWに行った石垣島で美味しく、初めての感触の黒糖を食べました。場所は唐人墓の隣にある黒糖工場です。ここの黒糖は固形化する時に水酸化カルシウム(生石灰)を入れずに作るので、普通の黒糖よりも柔らかく手で砕く事が出来、とても美味しいです。不純物が無いので料理にはモッテコイです。また、牛乳に入れても美味しく飲めます。石垣島に住んでいる人が言うので間違いはなさそうです。かびら観光タクシーの運転手さんも買っていました。

石垣島にて(石垣島天文台編)01

 GWに石垣島へ行ってきました。東京とは違い空はとてもきれいでした。石垣島でぜひ行った方が良いところを数回に分けてお教えしましょう。これはかびら観光のタクシー運転手三人に聞いた話しです。まず、南側からバンナ公園の手前を天文台へ行く道を登って行った途中で蛍が見れます。本土の蛍と違って小さい光ですがとても綺麗です。スジボタルは点滅しないので、光のスジが出来ます。外灯も無く真っ暗ですので、かびら観光タクシーの運転手さんに確認して連れて行ってもらいましょう。夜七時から八時ぐらいがたくさん見れます。私はその先の石垣島天文台へ星を見に行きました。観望会は予約制になっているので、旅行の日程が決まったら直ぐに予約を入れた方が良いですよ。祭日にもかかわらずたくさんの方が働いていました。三鷹の天文台とは違って空の揺らめきが少なく星がくっきり見えます。揺らぎが少ないので手持ちでも月を撮ることが出来ました。クレーターも確認できましたよ。石垣島天文台の皆さんありがとうございます。これからもがんばって下さい。