« 2009年08月 | メイン | 2009年11月 »

2009年09月14日

オリンピック招致について

 もうすぐ2016年のオリンピック開催地が決定する。オリンピックを開催することは先進国の仲間入りをすることと同等であるが、実際開催することになると当事国はかなり無理をすることになる。無理を押してまで開催することの意義はスポーツをやっている者・スポーツ関係者にとってはとても重要である。1964年に開催した東京オリンピックでは、首都高速道路・東海道新幹線ができ東京の下水道整備が進められた。都民にとってはいいことも多かった云う。また、オリンピック競技にすべてエントリーできる権利と新しい競技を提案できることもある。東京オリンピックもバレーボールが始めて採用されて、東洋の魔女の活躍をテレビで見たものである。 しかし、昨年の北京オリンピックを見ても分かるように当事国は経済的にもかなり負担を国民に強いる部分もある。今回2回目の開催を招致する東京の提案はエコ・オリンピックである。8Km圏内の移動・新しい競技場の建設は半分に抑える。経済的にもエコであると主張しアピールしている。もちろん夜でも安全な街は東京が一番であろう。
     "日本だから、できる、あたしいオリンピック!"
     "日本だから、できる、あたしいパラリンピック!"
を合言葉に東京開催に決定することを望む。
 写真は、オリンピック招致のシンボルマークである。たいへんメダルしにくいデザインである。
これは、東京オリンピック・パラリンピック招致デザインを金属のメダルに印刷した大変珍しいメダルです。

2009年09月12日

夕やけだんだん(谷中・根津・千駄木)−(谷根千)

 日暮里駅北口改札を出て、西口の階段を上って御殿坂を登ると谷中銀座商店街を望む階段が現れる。夕焼けがきれいと言われて名づけられた'夕やけだんだん'である。
 周り中お寺とお墓だらけの街である。夕やけだんだんを下るとすぐに'後藤の飴'がある。日暮里に行くと必ず後藤の飴屋でニッキ飴を買ってくる。昔懐かしいニッキ飴である。子供の頃漢方薬屋でニッキ(木の皮)を買ってよくしゃぶっていたものである。合成でないニッキ味の飴を知らず知らずに舐めてしまう。これほど美味しい飴はここでしか買えないのではないか。辛さがたまらない。

2009年09月09日

山手線命名100周年記念

 山手線が今年10月に命名100周年を迎える。山手線では9月7日から12月4日まで、懐かしのチョコレート色の旧型国電を模した電車を1編成運行するとニュースに出ていた。ただ、運行の時間帯は非公表で日ごとに変更すると。 昨日、さっそく9月8日23:50頃新宿でチョコレート色の国電に遭った。池袋までの外回りで、池袋で停車した車両を撮った写真である。 明治時代の車両という事で明治チョコに掛けた車両であった。ニュースでは1909年(明治42年)に山手線(やまのてせん)の命名があったとあり、E電にもなったが世間では相手にされなかった。また、”やまてせん”と呼ばせる時もあった。

2009年09月08日

ザ・デストロイヤー(4の字固め)

8月23日に第2回デストロイヤー杯港区レスリング大会に行ってきました。 足4の字固め(フィギュアフォー・レッグロック)を得意技にしていたプロレスラーのデストロイヤーさんにお会い出来ました。(Figure four leg-lock) 私が小1の頃力道山との壮絶な試合を今でも覚えています。日本中を沸かしていた力道山を痛めつけたヒールのレスラーでした。今では子供たちの人気者に変身していました。 この大会はデストロイヤーさんが設立に参加しているフィギィアフォークラブ主催、港区スポーツふれあい文化財団・港区教育委員会が後援しているレスリング大会です。 昨年、第1回の大会のメダルの作成の依頼を受けながら時間がなく、1年越しでデストロイヤーさんの顔の入ったメダルを作る事が出来ました。普通メダルは勝った者しかもらう事が出来ませんが、この大会は主催者のFFCの本多監督の意向で参加者皆にあげることになりました。負けて悔し涙を流している子供たちのひたむきさに、さわやかな気持ちを覚えました。これからもがんばって下さい。 また、力道山と戦った時の写真とチャンピオンベルトを展示していました。今では見る事の出来ない価値あるベルトです。

NPO法人フィギュアフォークラブ「青山で毎週日曜日、レスリングをやっていますので、オリンピックを目指す人はHPを見て、青山へ訪問してはいかがですか?」