« 2010年06月 | メイン | 2010年08月 »

2010年07月24日

アゲハチョウの羽化

 ラジオ体操のために早く起きた朝。アゲハの幼虫が今日羽化した。6年前に種から育てた柑橘系の葉はレモンの香りが強く、毎年蝶の幼虫が若葉を食べに来ていた。2mを超えたのにもかかわらず、1回も実がならず残念に思っていた。花も咲かず、実もならず、蝶の花が咲いた暑い夏の日でした。植木鉢の横とまっているアゲハチョウの右の羽の影に少し「さなぎ」が写っている。 隣にはもみじ葵も咲いています。

2010年07月23日

福生七夕まつり公式グッズ(キーホルダー)

 今年も福生七夕まつりが8月5日〜8日まで開催されます。今回、弊社では福生市公式オリジナルグッズを製作することになりました。福生市市制40周年および福生七夕まつり60回記念ですので、公式オリジナルグッズの製作にたずさわることができ社員一同喜んでおります。 直径35mmのキーホルダーです。

%82%BD%82%C1%82%AF%81%5B%83u%83%8D%83O.jpg

2010年07月21日

国際生物多様性年(生物の多様性)

 生物の多様性が話題になっていますが、いまいちよくわかりません。地球温暖化の影響からか、大雨が続いたり、逆に旱魃が起こったり、天候が例年通りとはいきません。地球に降る雨の量は一定ですので、大雨が続けば他の地域は一滴も降らない事もあります。 今年は例年よりバッタが多く大葉も虫食いになっています。天候を含めた環境が変われば、生物の数のバランスが崩れ、絶滅する生物が増える可能性も増すのでしょう。 少し前は都会にくまぜみがいなくなりましたが、今は逆に田舎にいなくなっているそうです。 国立科学博物館の「友の会会員」になって4年たち2回目の更新(2年ごと)をしてきました。7月19日まで国立科学博物館で開催されていた「日本の生物多様性とその保全」を見てきました。日本はたてに長く海に囲まれているおかげて、数多くの生物がいるそうです。受粉に必要な蜂も話題になっています。小さな生物ほど影響を受けるのでしょう。 毎回「カプセルミュージアム(ガチャガチャ)」を買ってきます。今回は「ヤンバルテナガコガネ」でした。上野の国立科学博物館へ行った帰りには、湯島天神下の「みつばち」に寄って、「小倉かのこ」を食べます。黒みつをかけて美味しくいただきます。

2010年07月02日

ミステリーツアー(猪苗代と蔵王とまほろばの里)

 梅雨の合間の晴れた日に、磐梯高原にある猪苗代ハーブ園に行って来ました。丁度ラベンダーポピーが満開でした。ラベンダー摘みをしてポプリを作る予定です。次に昼食はカステラ屋さんで食べました。もちろんお土産は金箔ののったカステラです。長崎のに比べると少しぼそぼそしていますが。 次は蔵王の五色沼を見に行きます行きました。カルデラ湖の深い色合いが素敵でした。 次に、山形県に入り、ひろすけ童話として有名な浜田廣介記念館のそばを通って観光農園へ行きました。待ちに待ったサクランボ狩りです。ここの観光農園の佐藤錦はつぶは小さいが甘く20分ぐらいでしたが意外とたくさん食べることが出来ました。お土産はサクランボですが値段が高いので、見ず知らずの人に声をかけて半分ずつにして買いました。後ですごい事が起こるとも知らず。 最後に高畠ワイナリーに行きました。工場は終了していましたが、ワインの試飲をして来ました。ここのワインは甘口が多くお酒の飲めない私でも酔うこともなくたくさんいただきました。お土産を探していると、先ほどのひろすけ童話をモチーフにした「りゅうの目のなみだ」というゼリーがあったので買いました。妻は子供が小さいころ読んで聞かせたひろすけ童話を覚えていて、懐かしくて買いました。家に帰って本を探したところ、昭和37年発行の「むく鳥の夢」がありました。ジャムなども美味しそうなのでたくさん買いました。 帰りのバスの中で抽選会があり娘が引き当てました。なんとサクランボ2パックです。今回はミステリーツアーでしたがある程度予想していましたがかなり満足しました。