ホーム > ブログ > Web担当者の日記 > リボンマークと赤いiPod

リボンマークと赤いiPod

 リボンマークを良く見るようになって久しい気がする。色分けしたリボンそれぞれに意味を込めて各支援団体に寄付をする。上手く考えられている。自分が支援したいことを手軽に意志表示出来る。
オレンジ:児童虐待防止
ビンク :乳癌早期発見
レッド :エイズの理解・支援
ホワイト:妊産婦保健の改善
グリーン:臓器移植
パープル:暴力根絶
ブルー :北朝鮮による拉致被害者の救出
イエロー:障害者の社会参加促進

 赤いiPodを知っていますか?赤いiPodの意味を理解している人は以外に少ない。プロダクトREDは「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」(通称:世界基金)に協力する企業か赤色の商品を開発・販売し、世界基金に一定額を寄付する。ちなみに赤いiPod限定販売されている。
 これは会社が社会貢献をする意志表示でもあり、コーポレートカラーとは違い、リボンマークと同様である。日本の提唱で始められた世界基金であるが、日本企業がプロダクトREDに参加している話しはあまり聞かない。(世界基金のHPに掲載されている。)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.medal-japan.com/mt/mt-tb.cgi/74

コメントをお寄せください

(コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

ホームへ 耳寄り情報 業者向け情報 製品紹介 製造工程の紹介 企業情報
会社紹介 ブログ お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ