ホーム > ブログ > Web担当者の日記 > 多摩美術大学との産学官共同研究とPBL

多摩美術大学との産学官共同研究とPBL

多摩美術大学との産学官共同研究とPBL 昨年の後期授業に弊社社長塩野が多摩美術大学に赴きPBLを行い、その結果として2008.7.20に行われるオープンキャンパスでその成果の発表の運びとなりました。 以下に塩野の率直な意見を述べてもらいました。

産学官共同研究とPBL(Project Based Learning)の感想 今回、多摩美術大学の学生さん方とPBLするにあたり、正直初めての経験でしたので、少々不安でした。そんな中、松澤先生、坪井さんに応援していただきながら、手さぐりの状態で始まった訳です。 最初のあいさつでは、「当社の技術を生かせる商品ができれば良いなぁ」という自分の想いを学生さんたちに伝えました。 加えて、メダルが大好きなこと、小物の雑貨が大好きなこと、そして当社では、金型から商品を作り出していることをお話しました。 学生さんたちには、量産できるもの、新しい感覚の商品、ヒット商品に結びつくアイデアを出していただき、それぞれ短い期間に作品が作られました。 中間プレゼンから最終プレゼンと進む内に完成度の高い商品群が私の目の前にあらわれました。いかにして、制作者の希望に近づけて商品化するか難しくもあり、「この中から将来当社の物販の柱になる商品が出るかもしれない」と、楽しみでもありました。 この商品カタログが出る頃には、学生さんたちの力作が並んで展示される予定です。ぜひ多くの方々にそれらの商品を観ていただきたいです。 今回のPBLの経験がプラスになって、学生さんたちが社会に出た時に、何かの力になれることを願っています。 最後になりましたが、このPBLに協力していただいた多摩美術大学の関係者の方々、および西武信用金庫の皆様には心より御礼申しあげます。  (有)シオノ美工  代表取締役  塩野正道

%92%86%96%EC01.jpg %8ER%E0V01.jpg %88%E4%8E%E801.jpg %90%AC%93c01.jpg %90%B4%90%8501.jpg %8F%AC%96%BC%96%D801.jpg %8F%AC%97%D101.jpg %8B%8F%92%DF01.jpg %8F%BC%90%EC01.jpg %8C%B4%93c02.jpg take01.jpg %91%E5%88%E401.jpg %91%C5%93c02.jpg

上記、多摩美術大学の若きクリエーターたちの作品は下記のオープンキャンパスで見ることが出来ました。 オープンキャンパスは、盛況のうちに終了しました。今回見のがした人は、秋にも作品が公開されます。こうご期待!

%91%BD%96%80%94%FC2.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.medal-japan.com/mt/mt-tb.cgi/47

コメントをお寄せください

(コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

ホームへ 耳寄り情報 業者向け情報 製品紹介 製造工程の紹介 企業情報
会社紹介 ブログ お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ